快画について/絵を描くことは人間の本能である

Art wWork : Yoko Motojima

快画誕生

私はこの快画を、誰に教わったわけでもなく、また、熟考を重ねてひねり出したわけでもなく、いま思い返してみても、どうして出来上がったのかわからないのですが、たぶん、これまで自分がやってきたことや、見たもの聞いたものが自然に組み合わさって、自然に生まれたのだと思います。

快現象

自分にとって当たり前のことを、自分以外の人にわかってもらえるか、伝えることができるか、まったくもってわからなかったのですが、やりはじめてみたら、私の予想をはるかに超える快作が続出し、逆に「なんでみんな描けてしまうのだろう?」と不思議に思うくらいでした。怪現象ならぬ快現象ですね笑。

快のスイッチ

ところが回を重ねるうちに、だんだんとそのカラクリがわかってきました。
どうやら人間には快の状態(つまりは「無」)に入るためのスイッチがあって、ひとたびスイッチオンで快の領域に入ると、いとも簡単に活き活きとした絵が描けてしまう。いや、描けてしまうというより、勝手に生まれ出る。

「うまく描きたい」とか「下手で恥ずかしい」という「我」を捨てると、純粋な「画」がポンッと生まれる。

そしておもしろいことに、その「画」のなかには、誰が見ても「この人が描いた」とわかる「我」がちゃんと表れているのです。

一体どういうことでしょう。これが「真我」というやつでしょうか。

人によりタイミングの違いはあれど、みんさん、ある段階でパーッと表情が明るくなり、大胆不敵な絵(笑)になるので、「あ、いまスイッチが入ったな」とわかります。

絵を描くことは人間の本能

ほんとうに、ほぼ例外なく、快作が生まれるものだから、とうとう私は「絵を描くことは人間の本能である」と確信しました。

絵の描き方は、練習して身につける方法と、観念や執着を捨てて思い出す方法があるということを、快画を通じてわかりました。

ご存知のとおり、学校の美術教育は前者一辺倒なので、カウンターとしてこれからますます快画を広めていこうと鼻息を荒くしております。


2018ワークショップ日程
【快画塾】神戸クラス
3時間コース
11月1日(木)
13:00〜16:00
満席
【快画塾】東京クラス
6時間フルコース
11月3日(土)
10:00〜16:30
満席
【快画塾】大阪クラス
6時間フルコース
11月8日(木)
13:30〜19:30
満席
【快画塾】名古屋クラス
3時間コース
11月15日(木)
13:30〜16:30
満席
【快画塾】東京クラス
6時間フルコース
11月18日(日)
10:00〜16:30
満席
【快画塾】湘南クラス
3時間コース(残席2)
11月20日(火)
13:00〜16:00
お申込
【快画塾】京都クラス
6時間フルコース(残席2)
11月22日(木)
13:00〜19:00
お申込
【快画塾】神戸クラス
3時間コース(残席5)
11月29日(木)
13:00〜16:00
お申込




ABOUTこの記事をかいた人

1965年生まれ。セツ・モードセミナー卒業。1990年より創作活動を開始。 人間の顔をメインモチーフに、様々な表現法を駆使して作品を量産。2003年、バーチャルタレント集団 「キムスネイク」を生み出し、個性的なキャラクターのアニメーションを、テレビ番組やCM、WEB等で発表。 主な仕事:「ベストハウス123」「マツコの知らない世界」「GLAY」「VAMPS」など。 主な受賞:第7回イラストレーション誌「ザ・チョイス」大賞受賞、アヌシー国際アニメーションフェスティバル(2010)など多数。 絵の講師歴25年。 神戸芸術工科大学非常勤講師