快画

快画とは、すべての人にもともと備わっている創造性や個性を自動的に呼び覚ますテクニックです。ユニークなアプローチによるデッサンの実技と、クリエイティブ的思考法についてのレクチャーよって、絵を描く力、絵を見る力が、自然と身につきます。


なぜ描けないのか。

子供の頃は、誰に教わるともなく、みんな楽しく絵を描いていました。ところが、成長するにつれて多くの人は描けなくなってしまい、絵が描ける人は何か特別な才能があるように思われています。

なぜそんなことになってしまったのでしょうか。

その原因は、頭の中にある「上手く描かなくてはいけない」という強烈な固定観念です。ほんとうは、上手く描く必要なんてないし、もっと自由に伸び伸びと描けばよいのですが、大人の私たちは「自由に伸び伸び!」と決意しても、そのように身体は動いてくれません。


誰でもすぐに絵が描けるようになるデッサン術「快画」。

快画とは、これまでのデッサン上達法とはまったく異なったアプローチによって、自動的に絵を生み出す描画法です。

描く対象の見方や脳の使い方、意識の持ち方を変えるだけで、絵を描くことに慣れていない方でも、すぐに描けるようになります。

そっくりに描く、上手に描く、という技術的な修練ではなく、ふだん眠っている右脳を活性化させ、自動的に描く快画のアプローチによって、人間にもともと備わっている「絵を描く本能」を呼び覚まします。


快画で得られるもの。

  • 短時間で絵が描けるようになる。

絵が描けない人の多くは、絵が描けるようになるためには時間をかけて基礎技術を習得しなくてはいけないと思っていますが、快画のアプローチでものの見方を変え、脳の使い方を変えるだけで、短時間で絵が描けるようになります

  • 自動的に絵が描けるようになる。

絵が描けない人の多くは「私には絵ごころがない」と思っています。 絵には才能やセンスが必要だと勘違いしています。 快画によって、才能やセンス、経験がなくても、自動的に魅力的な絵を生み出せるようになります

  • 絵を描く楽しさを体感できる

絵が描けない人の多くは、「上手にちゃんと描かなくては」という意識が強く、なかなか描く楽しさを味わうことができません。 快画のアプローチで「ちゃんと描く」の心理的ブロックを外すことにより、子供の頃に楽しく絵を描いていた感覚が甦ります

  • 個性を発見できる

絵が描けない人の多くは、写真みたいに本物そっくりに描く技術を習得し、それを崩していくことによってだんだんと個性が出てくると思っています。 快画のアプローチでは、そのようなプロセスを踏むことなく、短時間で個性を引き出すことが可能です

  • 右脳が活性化して創造性が高まる

快画は、右脳を使って絵を描く描画法です。 快画をやればやるほど右脳は活性化され、創造性がどんどん高まってくるという好循環が生まれます

  • 頭がスッキリして気持ちがリフレッシュする

快画で絵を描くと頭の中が空っぽになります。空っぽになると、気分が爽快になります


2015年にはじまったワークショップ・快画塾は、これまでに北海道、仙台、東京、神奈川、名古屋、京都、奈良、大阪、神戸、広島で開催され、2000名以上が参加し、まったく描けなかった人が短時間で自信満々に描けるようになったり、突如ピカソみたいな個性的作品が生まれたり、魂が解放されて「チョー気持ちイイッ」と叫ぶ人がいたりと、好評を博しています。

受講生作品

このような方にオススメします

・本格的に絵を習ったことのない方
・「絵が描けない」「絵が苦手」と思っている方
・自動的に絵を描く方法を知りたい方
・新たな絵の可能性を見出したい方
・固定観念を壊したい方
・短時間で個性を発見したい方
・右脳を刺激して新しい発見をしたい方
・頭の中を空っぽにしてストレスを解消したい方

このような効果があります

・絵に対する苦手意識がなくなります
・絵に特別な才能は必要ないことがわかります
・描き方のバリエーションが増えます
・「絵心がない」という思い込みを払拭できます
・絵を描くことは人間の本能だとわかります
・デッサンのバリエーションが増えます
・「自動描き」によって無心になれます
・気分がスッキリします

参加者ご感想

■”考えずに描く”目からウロコが落ちました。私にも絵が描けることを気づかせてもらえました。今、気持ちよいです。魂ふるえた。ありがとうございました。
■快画!とても快適で、愉快なひと時でした。固定された感覚を解放する瞬間に生まれる驚き!!すべてにおいて体温の上がるようなかんじでした。
■「無=快」がすごく納得できました。また、左脳の概念が手強いこともすごく実感しました。集中したのでお腹がすきました(笑)。久しぶりに無心になれました。ありがとうございます!!
■上手、下手、似てる似てないとかではなく、とにかく線を描いていくことが楽しかった。描くことって、こんなに楽しかったんですね。
■絵を描くという観念から解き放たれた何とも清々しい開放感で、心も頭も満たされた貴重な体験でした。
■えっ、これ私が描いた?と不思議な感覚になってきて、一本の線を描くことが怖くなくなりました。物の見方が前と変わった気がします。どんどん心が軽くなりました。

サクッと快画を体験してみたい方のための入門編。

オンラインZOOMクラス
講師:山口千恵
8月16日(日)
14:00〜15:30
お申込
オンラインZOOMクラス
講師:コウサキアヤ
8月26日(水)
20:00〜21:30
お申込

講座開催経験を積んだ快画認定講師による3時間コース。

オンラインZOOMクラス
講師:コウサキアヤ
2020年7月26日(日)
13:00〜16:00
お申込
オンラインZOOMクラス
講師:山口千恵
2020年8月2日(日)
13:00〜16:00
お申込

快画考案者・木村タカヒロによる6時間コース。

渋谷クラス
講師:木村タカヒロ
2020年7月25日(土)
13:00〜19:00
お申込
渋谷クラス
講師:木村タカヒロ
2020年8月30日(日)
13:00〜19:00
お申込

動画とテキストで学ぶ快画塾

オンライン教材
講師・監修:木村タカヒロ
オンライン販売詳細・お申込

広島RCCテレビ「イマなま」で紹介されました


「快画で絵を描く面白さを伝えたい」月刊情報紙Wendy掲載

快画考案者:木村タカヒロ

kim_photo

1965年生まれ。セツ・モードセミナー卒業。1990年、イラストレーターとして活動 を開始。 人間の顔をメインモチーフに、様々な表現法を駆使して作品を量産。2003年、バーチャルタレント集団 「キムスネイク」を生み出し、個性的なキャラクターのアニメーションを、テレビ番組やCM、WEB等で発表。 主な仕事:「ベストハウス123」アニメーション、「マツコの知らない世界」アニメーションなど。2014年より木村創作教室主宰。神戸芸術工科大学非常勤講師。

主な受賞:第7回イラストレーション誌「ザ・チョイス」大賞受賞、アヌシー国際アニメーションフェスティバル(2010)
http://www.faceful.org
http://kimsnake.jp/

参加者ご感想

■”考えずに描く”目からウロコが落ちました。私にも絵がかけることを気づかせてもらえました。今、気持ちよいです。魂ふるえた。ありがとうございました。

■快画!とても快適で、愉快なひと時でした。固定された感覚を解放する瞬間に生まれる驚き!!すべてにおいて体温の上がるようなかんじでした。

■「無=快」がすごく納得できました。また、左脳の概念が手強いこともすごく実感しました。集中したのでお腹がすきました(笑)。久しぶりに無心になれました。ありがとうございます!!

■上手、下手、似てる似てないとかではなく、とにかく線を描いていくことが楽しかった。描くことって、こんなに楽しかったんですね。

■絵を描くという観念から解き放たれた何とも清々しい開放感で、心も頭も満たされた貴重な体験でした。

■えっ、これ私が描いた?と不思議な感覚になってきて、一本の線を描くことが怖くなくなりました。物の見方が前と変わった気がします。どんどん心が軽くなりました。

■概念にとらわれない手法がすごいです。久しぶりに右脳が働いているというか、左脳が停止するというか、無心みたいなものを味わいました。

■超、そう快で、気持ち良く、スカッとしました。絵は似せて描くことが上手という、多くの人が持っている感覚をぶち壊していくところが楽しかったです。楽しく描けた絵が芸術になる。なんでも芸術で◎。とっても良かったです。ありがとうございました。

■何も考えないで描く快画は、やっぱり気持ちよくて、頭のふたがパカッと開き、スコーンと突き抜けました。

■いろんな固定観念の壊し方がおもしろかったです。自分にもこんな変化が起きるのがなかなか楽しかったです。

■まさに、先生がおっしゃる「基礎があるからくずした絵が成立する」という考えでこり固まっていたので、今日の講習で大変勇気づけられ、自信を持ってやっていけると思いました。

■描くほどに、自分の知らなかった自分の力が現せたみたいで感動しました。

■すごく面白かったです。絵が描けるようになりたくて、10年に1回くらい、デッサン教室の通ったりしたのですが、楽しめず、集中もできないので、自分は絵を描くのが嫌いなんだろうと思っていました。でも今日、信じられないくらい楽しくて、自分はこんな絵を描くんだとびっくりしました。うまく描こうと意識しなければ、やっぱり描くって楽しい!子供の頃はきっと無心で描いていたのだろうと、少しだけワープできた気がします。とても良い一日でした。ありがとうございました。

■快画は3度目ですが、回数を重ねるごとに解放されて、自由になる感じがします。何度も受けることに意味があると思いました。

■絵を描くことに対して、今まで苦痛で仕方がなく、できれば描きたくない!と思っていましたが、思い切って参加してよかったです。特にマーカーで描いているときが楽しくて、もう少し描きたいな…と初めて思いました。これから家でも快画で遊んでみます。

■絵を描いてこんなに笑ったのは初めて。他人の絵を笑っても責められないことさえも自由で。どれだけ左脳に支配されているのか…。望み以上に迷いのない線を描けるようになりました。うれしいです。参加してよかったです。ありがとうございました。

■考える前にやる方法がいろいろあるんだなと参考になりました。考えずにやることで、描くことから見ることに意識して、どんどん描いていきたいと思います。きっかけをもらえてとてもよかったです。

■今までいかに勝手な先入観で描いていたかわかったし、”技術”って、技術であって技術じゃないんだなあ……と、今までの概念がぶっ壊れました。あと、見てるうちに何を見てるのかわからなくなって面白かったです。またぜひ参加したいです。

■今まで想像していなかったアプローチと、無心で描く気持ちよさと楽しさを発見できました。自分らしさを追求した個性のある表現をみつける良いきかっけになりました。

■大変楽しかった! 絵を描く楽しさより先生のお話! 左脳と右脳の違い。 大人と子供の違い。 創造が邪魔する等。 ありがとうございました。

■今まできっちり描くことばかりにとらわれていました。描くごとに何かヘタウマに覚醒できた気がします!まさに快画。

■2回目の参加でしたが、やはり楽しかったです。なかなか自発的に描くことが少なくなってしまっているので、良いキッカケにもなりそうです。また参加したいです。

■見たもののままに描くのが最初は難しく感じたが、やるうちに楽しくなってきて目からウロコだった。とても楽しかったです。

■いや〜楽しかったです。時間がもう少しほしかったくらいです。まだまだですけど、絵を描く楽しさがわかった気がします。

■最初、自分の絵を人に見せるのに多少抵抗感があったのですが、最終的には、様々な制約というか、固定観念から解かれた感じがしました。

■上手って何だろうなって感じです。キレイに描けないというジレンマから解放された気がします。帰ってから色々な物を描いてみようと思います。あっという間の3時間でした。

■鉛筆を握るのも久々で、1枚目を描くのが不安でしたが、2枚目、3枚目から、自由でいいんだ!!って、楽しい気持ちで描けました。また参加したいです。

■楽しかった!予想をこえた絵がうまれてビックリ&うれしかったです。来れてよかった。先生のキャラもナイスで、楽しい時間でした。

■考え方が変わりました。続けていきたいと思います。

■とても楽しい時間になりました。新しい可能性が見えてきました。自分の画風があって、人それぞれ個性があっておもしろい。

■タイヘン ショウゲキ的でした。人の顔については、その人の特徴がとても気になるところですが、見たまんまを描くということが、とても面白い体験でした。

■1枚描くごとに、自分の気持ちが変わっていくのがとても楽しかったです。「もう描きたくない」から「もっと描きたい」になりました。他の方の絵をみて、どう描けばわからなかったところも、あ、これでいいんだ!と楽になったり、自分にも描けたことが嬉しかったりしました。はじめの緊張感はなんだったんだ?と思うくらいです。「見ないで」「消せない」絵を描く快感は思っていた以上でした。

■昔から絵を描くのは好きな方でしたが、今回の経験は絵の楽しみ方を改めて感じさせていただきました。普段は、テレビカメラの仕事をしていて画角など意識して撮影していますが、見方を変えることも大事だと学びました。

■とても楽しかったです。自由に描きたいと思っていたので、その術を知ることができて、とてもよかったです!また参加したいと思います。

■とても楽しい授業でした!様々なアプローチで描いても似たような絵に着地するのは目からウロコです。自分の個性を目で見て確認した感じ。新鮮でした!

■何年、何十年と絵を描いてないという方の作品が、それこそピカソと比べても引けをとらないくらい素敵な出来になっているのを見ておもしろかった。また、こんな表現の仕方があるんだと参考になった。また参加したいです!

■私の人生が線にあらわれていたように思います。考えすぎで弱々しい自信のない線→考えずに見たままを描く力強い線。来てよかったです。

■快画は何度やっても新しい発見があって楽しいです。絵を、というより線を描くことが楽しくなりました。

■最初に「上手に描かないと」という観念にとらわれて、自信のない弱々しい絵になりましたが、2枚目3枚目から見たままに描けばいいという感覚で楽に楽しく描けました。その結果、のびのびとした絵になって、すごく楽しかったです。

■右脳があたたまりました。一本の線で描くことが楽しいことを知りました。

■思いきって線を引くだけで、絵を描くのが楽しくなるんだなと感じました。

■すごく楽しかったです。夢中になれました。日々どれだけ目の前の物を見ず、記憶で判断しているのかと痛感させられました。時間の概念すらも思い込みなのですね。もっともっと絵を描きたいと思いました。今日はありがとうございました。

■見たままを素直に描くことが、難しくも楽しい経験となりました。紙を見ないで記録として描いても、残っている雰囲気がそれぞれの個性となっていることに感心しました。無理に個性にこだわらなくても、勝手に滲み出るものなのだと安心しました。

■今まであれやこれや考えながら絵を描いていました。それはとても疲れる作業でした。楽しいはずの絵が苦痛になっていました。しかし今日の快画では、ただ描く!!何も考えずに描けて楽しかったです。自分の絵が前よりも好きになりました。

■今日の快画教室は前々からとても楽しみにしていたのですが、左脳にとらわれない描き方にはとても驚かされました。やはり快画とは固定観念をとっぱらって楽しみながら描くものだったんですね。受講後おそらく脳から何か分泌されたのでしょうか。思いっきり汗をかいたり、涙を流した後のようなスッキリとした爽快感がありましたね。今日はありがとうございました。

■いかにいつも自分が左脳に左右されているかということに気づかされました。「自由」ということが、今まで思っていたものと違ったように思えました。絵を描くことをこんなに自由に行ったのは初めてで、楽しいと思いました。

■おもしろかったです。右脳人間だと思っていたのですが、いかに左脳が邪魔をしているかわかりました。子供達も小学校でダメになるのがよくわかりました。

■「快」放されました。3枚目を描きはじめる時点で自由をつかみました。普段の生活に不自由を感じる理由がわかり、3枚目でつかめたのが嬉しかったのですが、「あいつ」はすぐ戻ってきますね。これからも描きつづけたいです。

■驚きの連続でした。楽しかったです。自分の絵が変わっていくのが不思議でした。みなさんの絵を見れたのもよかったです。仕事でぜひ生かしたい!です。

■絵の才能があることに気づいた。

■絵を描くことについて学びに来たつもりでしたが、「無」を作るための瞑想の方法を学べた気がします。今夜から上手に眠れそうです。自分がどんな線を引くのかも分かったし、受け入れようと思いました。

■ずっと悩んでいた「見たままを記録する」ことが分かってよかったです。説明も論理的で、例えも分かりやすかったです。漠然と使われているたくさんの言葉を定義できました。17:30の僕と、20時頃の僕は別人になれました。

■快画の実践は、初心に戻れたようで、とても楽しかったです。そして、いろんな説明は、深く、日ごろ疑問に思っていたことの答えもいただけました。また、自宅に来る生徒さんへの指導の方向性を考えるうえでも大変勉強になりました。

■うまく描こうとしてもうまく描けないし、個性的な絵を描こうとしても何が個性なのかわからず、絵を描くことから逃げ腰でしたが、今回のWSで、枠の外し方や左脳の力とか、よくわかりました。

■とても気持ちのいい時間を過ごせました。絵が好きな人達と同じ空間で絵を描くのが楽しかったです。

■絵に興味があるし好きだけど自分ではどうしても上手に描けないことが悩みでどうしていいかわかりませんでした。でも今日参加して、そもそも正解はないのだとわかり、とても絵に対して楽になりました。左脳の力ってすごいんだなと。自由に好きなように絵を描いてみたいなと思いました。

■だんだん絵を描くのが楽しくなり、最後の1枚は、もっと描いていたいと思って描きました。絵とは何なのかという哲学的な側面もあって、深い内容で楽しめました。ありがとうございました!

■大変楽しい時間でした。自由に、概念にとらわれることなく、人の目も常識も気にすることなく描くことを学びました。自分は絵が描けないのではなく、実物や脳(左)に縛られていただけなんだと分かり、長年のコンプレックスが解消されました。

■1枚目に描いた絵は、自分がいつも見ている絵で、ベストな1枚と思って出したのですが、セミナーが終わってみると、他の絵のほうが魅力的に見えてびっくりしました。快画から個性につなげていくということも教えていただき、内容の濃い時間でした。見たままを線にしていくというのがとても楽しいと知りました。家でも続けたいと思います。

■思っていた以上に楽しかったです。絵を描くことのプレッシャーみたいなものから一歩踏み出したところで絵が描けてビックリしました。

■とても楽しかったです!絵→うまい、へたの正解がないという言葉にちょっと感動してしまいました。好きで描いていいんだと強く思えました。右脳と左脳合戦を楽しんでいきたいと思います。

■自分の描いた絵にがっかりするかと思いましたが、とても楽しく描くことができました。描けない、ヘタだし、という言葉はこれから使いません。そして周りの人たちの絵も楽しく観ていきます。

■左脳と右脳の切り替えの教えが大変勉強になりました。今後も自分の絵に活かせるように日々精進していきたいと思います。

■これまで写実的な技法にこだわり、ゆるくて個性的な絵に憧れがありましたが、今回のワークショップを体験し、こだわりを捨てて吹っ切れた感があり、とてもさわやか、かつ楽しいワークになりました。この楽しさを、困りごとを抱える若者たちに少しでも体感してもらえるよう、活動に活かしていこうと思います。

■見たままの線を描くというのが、いつもと違う頭の使い方ができて楽しかったです。出来上がりを見てみて、こんな絵が自分にも描けるんだなと、家でも引き続きやってみます。他の方の絵も拝見して、同じものを見たままの線で描いているはずなのに、色んな作品が出来上がっていて、面白かったです。

■大変楽しかったです。自分の中で凝り固まっているものがあるのを感じました。その固まっているものが少しずつほぐれていきました。頭を切り替えるテクニックも参考になりました。

■どうしても上手く描こうとしてしまうので、普段絵を描かない人たちの素直な成長ぶりが新鮮でした。うらやましい!やはりどこか左脳が邪魔してしまうようだけど、突破口が見えた気がします。楽しかったです!

■思いきりのいい線で描くと気持ちいいことに気づきました。下心のない絵のステキさを感じました。感謝。

■整った絵じゃないとダメと言われてきて、その反面、崩れててもかっこいい絵もあって……。 自分がどちらに居たのか分からなかったけど、あまり考えないで、ただ描けたことがすごく楽しかった。形を考えない絵に少し興味が出てきました。

■とても楽しかったです!!1枚目と2枚目が、すでに別人が描いた絵になっていて、自分が描いたのか?と驚きました笑。紙を見ないで描いても、なんとなく輪郭が似ていたりして、これが自分の線なのかな、と思いました。また機会があれば参加したいです。自分でもまた描いてみようと思いました。

■絵に個性があると思っていましたが、それを構成する線に個性があるからなんだと気づきました。 一本一本の線を大切に描くことで、その人にしか描けない絵が出来上がるのだと思います。今まで気にしていませんでしたが、「線がいいですね」と言われると、絵をほめられるより嬉しいんですね。

■何度か参加させていただきましたが、参加するたびに新鮮な気持ちで絵を描いています。どうしても左脳で計算して描いてしまう癖があり、なかなか成長できませんが、今の”絵を描く楽しさ”を忘れずに、これからも描き続けていきたいと思います。

■目からウロコの3時間でした。「絵の世界には正解がない」のお言葉、納得しました。書(というか一般的なお習字)の世界は正解にいかに近づけるか、左脳を使うばかりなんだということも納得できました。これからは右脳の世界を楽しみたいと思います。

■「こう描かなければいけない」「こうあるべきだ」という固定観念が自分の中にたくさんあるということを思い知らされました。それをふみはずすというか、やめてみるのが楽しかったです。また参加してみたいです。

■頭をカラッポにしたらアイデアが入るスペースができる。これは良いですね。カラッポにするために続けてみようと思います。勉強になりました。

■今日はどうもありがとうございました。絵が上手ではないので不安だらけで来ましたが、色々な発見もあり、楽しい時間を過ごすことができました。
■何十年かぶりに絵を描きました。こうでないといけないという思いが強かったんですね。何をやっても自信がなかったのですが、とても楽しかったです。

■いつもと変わらず楽しい教室でした。また出れる時に出たいです。何回やっても飽きないやり方なので、新しい発見などもあって、日常で描く時にも活かせるかな、と思いました。

■今日はありがとうございました。絵も仕事も、まずは固定観念を捨てて取り組んでいくと何かが変わる……一緒だなって思いました。自分も変われると思いました。

■すごいです。開画です。自分の「これでいく」という線を強制的に引かせる素晴らしい方法ですね。無料の8回で一人でやっている時はあまりよくわからなかったのですが、多くの人のを見ることで、とてもよく個性の出る感じがわかりました。ありがとうございました。また来たいです。

■楽しかったです!!!子ともの外遊びについての講座を受けたことがあり、今日と同じく、「子どもには良い悪いではなく快か不快かしかない」「子どもは過去未来ではなく今を生きている」と聞いたのを思い出しました。絵を描きながら子どもに返る体験が出来た気分です。自分の絵がどんどん自由になっていく感じを味わえて良かった!!

■久しぶりの快画でしたが、考えないで描く!すごさを改めて感じることができました。オンラインクラスに出す絵の中には、夜、寝る前にボーッと描いたものがあるのですが、そういう絵に限って先生に良いね、と言われるのは、こういうことなんだなあ、と思いました。

■とても楽しかったです!上手に描こうと思わなくて良いんだ〜。見たものをそのまま思った通りに描けば良いんだ〜と”目からウロコ”でした。気持ちがどんどん高まって、気づいたら楽しんでいる自分がいました。限られた時間、逆さまの絵、紙を見ない……今までに経験したことがなかったので面白かったです!

■こいういう絵を描きたかった!!という絵が描けて素晴らしいワークショップでした。 結局、うまく描こう、本物(もしくは世間で言われるカタチ)に近づけようと思って、何もおもしろみのない絵になっていたのだと思いました。 また続けていきたいなあ!!

■途中から上手い下手を気にせず、楽しく描くことができました。 これからもっと自由に絵を描くことができそうです。 そして、自分にしかない個性を出したいです。


快画の詳細について動画でご説明します



*メールアドレスを入力後、送信してください。

icloud、SoftBank、docomo、au以外のメールでご登録ください。
木村創作教室のメールマガジンに登録されます(いつでも解除できます)