ミラクルアワー!

こんにちは。木村タカヒロです。

クリエイター基礎講座、おかげさまで1クール目が終了しました。
受講生のみなさん、とても熱心に取り組んでくださり嬉しく思います。

 
今日はNori Bee作品をご紹介します。

プロの料理家であり、高校野球のコーチもしているNori Bee氏48歳。
当教室へは「頭の体操」の目的で通ってくれています。
「いい趣味ができた」と、教室でやったことを自宅でおさらいしているらしく、作品が仕上がると、写メで撮って僕に送ってくれます。

 

nori0310

第一回目のドローイング講座のあと自宅で描いたNori Bee氏のヒーロー、ロッキー。
いままで絵を教わったことはなかったそうですが、丁寧に描かれていて良いですね。

 

nori0311

教室でやった「デフォルメしてみよう」の実践。目つきがイイですね。試合前の不安と緊張の表情でしょうか。

 

「絵を描いてると無心になれてイイネ。趣味でやってる釣りと似てる」とNori Bee氏。
むくむくと創作意欲がめばえ、「色をつけてみたい」と世界堂でコピックを購入!

 

nori0309

リスペクトしている大投手・沢村栄治選手をイメージして描いたそうです。いい絵ですね〜あったかいですね〜。

 

その後も描きまくっているようで、ほぼ毎日僕のところに画像が送られてきます。iPhone開くたびに「あ、また来てる!」とワクワクの日々。僕より描いてるなあ。。苦笑

 

そんななかで迎えたコラージュ講座の一回目。実技と講評が終わり、時間が余ったので、マジックで一発描きドローイングをやりました。
モニターに外国の映画俳優を映し、それを見て下描きせずに10分で顔を描きます。

 

nori0306

おお、上手い!線が生きてる。表情がイイ。ブルーの瞳を線でうまく表現してる。

 
上のロッキーや沢村選手は、作者の愛が伝わる「良い絵」ですが、この顔の絵はプロが描いたっぽい「上手い絵」となりました。

本人もどうしてこんな線が引けたのかよくわからない。もしかしたら「下描きできない」ことで開きなおり、そこからグッと集中できたのが良かったのかもしれませんね。

 
この絵のどこがよいのか本人が自覚する必要はありません。「これを上手い絵と人は云う」ということだけわかってもらえばOK。
「Nori Beeさんの「上手い絵」は、どうも一発描きによって飛び出すっぽいので、さあ、一発描きで描いてみて!」と伝えたところ、早速翌日に「やってみた!」と画像が送られてきました。

 

nori0305
大飛躍!一発描きポールニューマン。

 
nori0304
一発メルギブソン。講義でやった構図のこと、意識してますね!

 
nori0308
一発アドリアナ・リマ。「背景は過日の講義で見た作品をマネした。てへぺろ」とご本人。マネおおいに結構!というか、マネじゃないですよ。インスパイア、です!自分がグッときたものはどんどん取り入れよう。

 
nori0303
一発リンドバーグ

 
nori0302
一発スモーキングマン

 

おおおお、怒濤の一発攻勢!
紙を前にして集中力を高め、息を凝らして、じっくりしっかり描いてる作者の姿がビンビン伝わってきますね。

 
自分で勧めておきながら、あまりの秀逸さに思わず「これも一発?」とメールで聞いてしまいました。
「そう。一発描きしかやってはいけない気がしてきた笑」との返事。
これから彼を一発屋と呼ぶことにしよう(^^)

 
Nori Bee氏は一発描きという縛りによって、ぽーんと飛躍したのですね。向上というより飛躍。上に向かうというより飛び跳ねるかんじ。
ロッキーとポールニューマンを比べて、絵としてどちらが上か下かということではないです。ロッキーの絵も素敵ですよ。だって、愛があるもんね。
ただ、ポールニューマンは、あきらかにロッキーとは違う次元で描いてますよね。飛び跳ねた場所で描いてる。これが面白い。

 
同じ練習を繰り返し、たくさん描いてればだんだんと絵の技術は向上します。しかし、飛躍はいつ起こるかわかりません。あるキッカケによって、想像を絶するような絵が5分後に生まれる可能性もあります。
いま振り返ってみると、コラージュで余ったあの10分間は、「一発屋Nori Bee」を生むための「奇跡の時間」(ミラクルアワー)だったといえるでしょう!
なーんて、こじつけかもしれませんが、僕はこういうこじつけが好きです。
 

教室ではあの手この手でキッカケを作り、飛び跳ねる瞬間を見つけて、「あ、いま飛んだよ!跳ねたよ!」と熱く目撃談を伝え、ミラクルアワーを共有していきたいですね。

こういった飛躍はNori Bee氏だけではなく、他の受講生の皆さんにも起こっているので、またこのブログで紹介していきたいと思います。

 





ABOUTこの記事をかいた人

1965年生まれ。セツ・モードセミナー卒業。1990年より創作活動を開始。 人間の顔をメインモチーフに、様々な表現法を駆使して作品を量産。2003年、バーチャルタレント集団 「キムスネイク」を生み出し、個性的なキャラクターのアニメーションを、テレビ番組やCM、WEB等で発表。 主な仕事:「ベストハウス123」「マツコの知らない世界」「GLAY」「VAMPS」など。 主な受賞:第7回イラストレーション誌「ザ・チョイス」大賞受賞、アヌシー国際アニメーションフェスティバル(2010)など多数。 絵の講師歴25年。 神戸芸術工科大学非常勤講師