海外短編アニメーション/ベティ・ブーブ他フライシャースタジオ2選

ディズニーの強敵・フライシャースタジオが1934年に制作した『ベティ・ブープのシンデレラ姫』。

フライシャーは、人間の動きをトレースするロトスコープという手法をアニメーションに取り入れました。
『ベティの白雪姫』でお化けが踊るシーンは圧巻!曲は『聖ジェームズ病院』(キャブ・キャロウェイ)。





快画塾日程
快画広島クラス2018年1月21日(日)
17:30~20:30
お申込み
快画広島クラス特別編2018年1月27日(土)
11:00~12:00
16:00~17:00
お申込み
快画横浜クラス2018年2月3日(土)
13:30〜16:30
お申込み

ABOUTこの記事をかいた人

1965年生まれ。セツ・モードセミナー卒業。1990年より創作活動を開始。 人間の顔をメインモチーフに、様々な表現法を駆使して作品を量産。2003年、バーチャルタレント集団 「キムスネイク」を生み出し、個性的なキャラクターのアニメーションを、テレビ番組やCM、WEB等で発表。 主な仕事:「ベストハウス123」「マツコの知らない世界」「GLAY」「VAMPS」など。 主な受賞:第7回イラストレーション誌「ザ・チョイス」大賞受賞、アヌシー国際アニメーションフェスティバル(2010)など多数。 絵の講師歴25年。 神戸芸術工科大学非常勤講師