快画塾


快画塾は、自分のなかに眠っている絵の才能を短時間で引き出すワークショップです。
「本格的に絵を習ったことないから絵を描くのが苦手」と思っている人でも、ものの見方、脳の使い方、意識の持ち方を変えるだけで、すぐに描けるようになります。
また、すでに絵を描いている方にとっても、新境地開拓のきっかけになることと思います。
技術的に優れた「絵画」よりもまず、描いて楽しい気持ちいい「快画」をやりましょう!という講座です。

内容:ドローイング実技(鉛筆、マジック、画用紙)
講義(個性の引き出し方・個性の伸ばし方・右脳で描く・記憶と記録・意識と無意識・自由の枠・作品展開の仕方・快画の効能・その他)
講師:木村タカヒロ

快画塾参加者ご感想

■”考えずに描く”目からウロコが落ちました。私にも絵がかけることを気づかせてもらえました。今、気持ちよいです。魂ふるえた。ありがとうございました。

■いつも楽しく参加させていただいてます。絵を描くのが単純に楽しめなくなっていた頃に木村先生の教室に参加して、何も考えずに描くことができて、うれしかったです。無心で描くことができ、終わるとスッキリした気持ちになります。

■絵に個性があると思っていましたが、それを構成する線に個性があるからなんだと気づきました。
一本一本の線を大切に描くことで、その人にしか描けない絵が出来上がるのだと思います。今まで気にしていませんでしたが、「線がいいですね」と言われると、絵をほめられるより嬉しいんですね。

■何度か参加させていただきましたが、参加するたびに新鮮な気持ちで絵を描いています。どうしても左脳で計算して描いてしまう癖があり、なかなか成長できませんが、今の”絵を描く楽しさ”を忘れずに、これからも描き続けていきたいと思います。

■目からウロコの3時間でした。「絵の世界には正解がない」のお言葉、納得しました。書(というか一般的なお習字)の世界は正解にいかに近づけるか、左脳を使うばかりなんだということも納得できました。これからは右脳の世界を楽しみたいと思います。

■「こう描かなければいけない」「こうあるべきだ」という固定観念が自分の中にたくさんあるということを思い知らされました。それをふみはずすというか、やめてみるのが楽しかったです。また参加してみたいです。

■頭をカラッポにしたらアイデアが入るスペースができる。これは良いですね。カラッポにするために続けてみようと思います。勉強になりました。

■自分に合った方法を見つけられてよかったです!絵がおもしろくなくなったら逆さにしたり紙を見ずに描いたりしてみるのもいいですね!今日は本当にありがとうございました!楽しく描く、をモットーにこれからもたくさん描いていこうと思います!

■いろんな固定概念の壊し方がおもしろかったです。自分にもこんな変化が起きるのがなかなか楽しかったです。

■同じ内容でもその時の自分の状況で得る気づきが全く違うのがいつもおもしろいです。参加者がいつも同じとは限らないので、その時のメンバーで学びとることが違っているんだなと思います。いろいろな方の絵をみれて、木村さんの絵の良い所を伝える伝え方なども、とても勉強になります。

■とても楽しく描けました!!短い時間で人の顔が顔らしく出来たことにびっくりでした。楽しい時間がもてました。ゆっくり、ていねいに、よく見て描く。絵手紙に通じますね!

■今日の快画教室はとても不思議な感覚がたくさんあり、面白かったです。はじめ、こわごわ描いていた線が、ペンですっきり描けているようになったり、逆さに描いた絵をひっくり返す瞬間の意外な感じなど、自分が描いたと思えない、でも描けた感覚が体験できました。帰ってからも、自分を発見するために続けてみたいと思います。

■いつもと変わらず楽しい教室でした。また出れる時に出たいです。何回やっても飽きないやり方なので、新しい発見などもあって、日常で描く時にも活かせるかな、と思いました。

■今日はどうもありがとうございました。絵が上手ではないので不安だらけで来ましたが、色々な発見もあり、楽しい時間を過ごすことができました。

■何十年かぶりに絵を描きました。こうでないといけないという思いが強かったんですね。何をやっても自信がなかったのですが、とても楽しかったです。

■きちんと見て描いているつもりでも、記憶や自分が気になるトコロが強くでてしまうのだと感じました。まんま書くのは難しいです。どの絵も個性があり、楽しく、アートでした。いろいろ描いてみなくては!ありがとうございました。

■楽しかったです。上手く描きたい!!と思いながら1枚目を描き始めましたが、みんなの絵を見ていると、自分も”個性”の出ている絵が描いてみたいな、と感じました、もし次回参加することがあれば、色をつけた絵にもチャレンジしてみたいと思いました。

■今日はありがとうございました。絵も仕事も、まずは固定観念を捨てて取り組んでいくと何かが変わる……一緒だなって思いました。自分も変われると思いました。

■何年、何十年と絵を描いてないという方の作品が、それこそピカソと比べても引けをとらないくらい素敵な出来になっているのを見ておもしろかった。また、こんな表現の仕方があるんだと参考になった。また参加したいです!

■初めて参加しました。上手に描こうとせず見たままを。3時間で少しずつわかったものを、今度は家に帰って実践してみようと思います。


受講者ご感想(東京クラス)

KKさん
久々に学校に行ったなあ・・・という感覚と、デッサンってそういえば楽しかったなという気持ちになれて、描いているだけで楽しかった事を思い出して少しドキドキしました。
サクサクと描いて行く快調なデッサンはとても気持ちがよかったです。今までが如何に考えながら忠実に似せて描けるか、という事ばかりにこだわっていたか・・・。へ理屈なデッサンになっていました。
自分でもそんな作業に少し飽きてしまっていたように思います。
自分を壊すときのあの感覚が面白いですね。完全に崩す事は出来なかったけれど、どちらに向かって描いているかとか、何にこだわっているかなどが凄く良く出た時間でした。これ、一人ではやはり出来なかったと思います。また時間が作れたら伺いたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。 本日はありがとうございました。


受講者ご感想(広島クラス)

SNさん
素晴らしい講義をありがとうございました。

私はこれまで、大学入学前にデッサンを軽く学び、その時覚えた描きかたのままデフォルメのキャラクターを練習し続けて今に至るのですが、自分の中でどうも絵がかたい気がしたり、おもしろみのない絵ばかりが出来上がり、だんだん楽しいという気持ちもなくなってしまっていました。
そんな気持ちが、今日の木村先生の快画塾を受講してガラリと変化しました。
今までやってきたことと全然違う描きかたに感動し、どういう風に人は絵を描いているのかというご説明(考える→描く→見る)や、それと逆のことをしてみる(見る→描く→考える)という実験など、すべてが衝撃的でした。
新しい描きかたを知り、久しぶりに絵を描くのがすごく楽しいと感じました。
参加者の方々のユニークで魅力的な絵を見たり、描きあったりも新鮮で楽しく、最初から最後まで刺激を受けっぱなしで、あっという間に時間が過ぎていました。
まだ始めたばかりですが、今後のフリーでの活動に活かしていけたらと思います。
多くのことを勉強させて頂きました。本当にありがとうございました。

INさん
昨日は、木村さんの生の貴重なお話を聞け、とても意味のある時間でした。ありがとうございました。

私は二年程前から絵の活動をしています。
ですが、今年に入り何を描いても描く絵がニセモノとしか思えなくなり
ついに描けなくなり
完全に悩んでおり模索中でした。

ただ最近気づいたことがあり、
もう人に合わせた絵や
それっぽく計算した絵は描きたくないし、描けないんだな。
と感じ始めていました。

そんな中、昨日の教室に行き
自分の感覚を確信できることができました。

写真を反対にして描くなんて
考えたこともなく、はじめての経験でとっても楽しかったです。
なにより、考えずに描きやすかった!!と感動しました。
出来上がった絵を見ても
いつものニセモノ感を感じなくて
この感覚ははじめてで
とっても嬉しかったんです。
最後に自由に描いた絵は
描きながら、やはり計算がよぎったので出来上がりも微妙だな。
と自覚できたり、
あー、この感覚なんだな。
と深く感じれました。

昨日参加できたことに、
とても感謝します。
素敵な教室を開いてくださり
本当にありがとうございました(^^)


KKさん
昨日の木村絵画教室、いろいろな意味で、刺激をうけました。
ごらんになったように、絵はヘタで、まさか人物像を描くなんて、恐れおおく…
しかもたった3時間のうちに4枚も、人生初だぞ!ワタシ!

その絵を『天然』とワタシの個性を発見してくださって、
木村さんのいわれる、きっかけになるのかなと

しかし、家に帰って、なんどもジョニーデップをみているのですが、
?????
『天然』って?????
どうみても太ったジョニーデップだと。(家族大笑い)

なんか、天才のかた おられたのに、会の最後に天然のジョニーデップを『ほんといいですね。』
といってくださったこと、天才のかたたちにもうしわけありませんが、
なんかなんか、ほんとうれしかったです。

あまりにヘタだったのでかわいそうすぎて、
木村さんも『天然』としかいえなかったのでは、
とこころの中でおもい、
でもきっかけにしたいともおもい、
逆さ絵、続けてみようと思います。

50代のワタシ、若いかた達とともに楽しめて、
うれしかったです。


MFさん
刺激的な3時間をありがとうございました!

普段図面を引く仕事をしているためか、自分がどれだけ頭デッカチで作為的な線になってしまっているか、よくわかりました。
感覚だけを頼りに自由に描くことは、すごく技術とセンスが必要で、ハードルの高いことのように感じていました。

逆さドローイングをしてみて、そんなハードルをひょいっと越えられた気がします。
自分の知らない自分を知ったような、新鮮な感覚でした!!

木村先生は必ず一人一人のいいところを見つけてくださいますし、伸ばしたらいいところがとても分かり易かったです。
(幸薄顔(?)も個性にしたいと思います。)

うまい線を出すのにはもう少しかかりそうですが、自由に描く楽しさに気づけただけでも今日は大収穫です!

またぜひ広島でも開催してください。
今日はありがとうございました。


受講者ご感想(茅ヶ崎クラス)

ZANDYさん
昨日は、痛快な教室とても楽しかったです。
3時間があっと言う間に過ぎてしまいエキサイティングな体験ありがとうございます!!!
左右脳のお話
振り子のお話
フロー状態にするには?
集中して描いていると頭がスッキリして本当に仕事においても捗っています。
趣味というものが全くなく43歳にして見つけられました!!
きっかけを導いて頂きありがとうございました。


 

快画教室に参加してみて 三橋美保子さん(クーカイオーナー)

講師の木村タカヒロさんとはトラックマーケットのキムラミユキさんのお兄様ということで以前から知り合いで(この木村家、家族揃ってみんなスゴイ!)、個展を見に行ったり、一緒にイベントを開催したこともあります(どちらかというと、いつもその後の飲みを楽しみにしているんですけど…コソ)。

この度、私たちの運営するレンタルスペース、オリエンタルアパートメントにて絵画のワークショップを開催してくださるということで、私も記念すべき?第一回目に参加させていただきました。
このワークショップは入会金などはなく、その都度参加出来る時に申し込んで受講する感じで、その時どきでいろいろなアプローチで絵を描く楽しさを見つけたり、絵が描けない!という固定観念をぶっ壊してくれます。そして、また悩みます…。(笑)

今回は私を含めて9名。
プロでイラストを描いてる方や、美容師さん、主婦、公務員、デザイナー、ウェブエンジニア、小学生、外人!…などなど、様々な方が参加した世代も人種も職業も関係ない人々。
ただ、このワークショップに興味を持って集まりました。

今回は、画板に画用紙、鉛筆、消しゴム、マジックを使って、絵はこう描くもの!という固定観念をぶっ壊す教室でした。

実際に何も指導を受けずに描いた木村タカヒロさんの似顔絵と最後に描いた似顔絵をくらべると、皆さん歴然と線の勢いが違っていました!
上手い下手は関係なく!むしろ、目の位置はココ!って整って無い方が似てたりするもんなんですね、特徴を捉えていて。

私は、祖父や父が絵を描いていたり、母が小学校の教員だったので、子供の頃からよく絵を描いていました。お菓子より紙と鉛筆を渡せば黙るタイプの子供だったかも?(笑)
保育園でチューリップを描いてと保育士さんに言われ、リアルなチューリップを描いて笑われたのに怒りを覚えるくらい子供の頃から絵が好きだったのかな。(先生が描いてと言ったチューリップはサンリオ的なチューリップだったのかもしれませんが…今も覚えてるくらい。根にもってるのかな?笑)

見る人の要望に応えないと笑われる。評価されない!という意識が芽生えたのかな。
みんなそのような体験をきっとしてるんだと思う。
今思うと、チラシの裏に描いた絵や誰にも見せることの無い自分の部屋のドアにチョークで落書きしたイラストがとても自分が満足できる好きな絵が描けたって記憶があります。
そんな記憶を今回の教室を終えて、思い出しました。て、記憶が幼い頃過ぎですが!(笑)

筆記用具についても、なるほど!と思いました。
鉛筆は筆圧で濃さが変わり、こするとボケ、なにより、消しゴムで消せる。筆圧が強いと画用紙に最初の線が残る。そこが良いというアドバイスにも驚きました。
マジックは線がハッキリとしているので、筆圧が安定したイラストが描ける気がしました。
鉛筆だと、自信なかったりすると線が細くなるような…線が細いって例え、そういう意味か!…じゃあ、今度、あの人マッキーだね?しかも太い方!とか言おうかな…あ、はなしが脱線しました(笑)。
そして、マジックは消せない!なので、ちゃんと一本一本、線を大切に描くんです。大切に。ちゃんと向き合わないと描けないんです。
ということが良くわかりました。

教室を終えて。
プロならばお客様の要望に応えないとお金にならない。
自己満ならどんな絵を描いたって誰に評価されるものでもなく、でもその方が勢いがあり、結果、人に評価されたりするものですよね…。

自分の作品を見直すと…。
んー。
ほら…結果…悩む(笑)

私は、それで良いのだと思いました。いろいろ思い出しましたよ。
さて、次の教室ではどんな絵が描けるか?楽しみです。

そして、このワークショップ、自分の都合で参加出来るのが良いと思いました。絵を描くってやっぱりエネルギー使いますもん!


FHさん
こんにちは、
先日はとても素敵な授業をありがとうございました。

授業を受けたことで私の中で、色々と起こりすぎて心の言葉が整理しきれず、お礼と感想が遅くなってしまいました。
私はヨガをしているのですが、「ものの見方を変える、心を解き放す」というのはまさに今の私のテーマであり、絵を通してシンクロが起こりびっくりしました。
絵を上手く描くテクニックは今の私には必要ないのだなと強く感じ、本当に必要な物が明確になりました。
授業のテーマであった「全部捨てる」作業は想像以上に怖いことでした。しかも他の方が沢山いる中での作業は、まるで修行のようでした(笑)
何で怖かったのか帰り道ずっと考えました。
小さい頃から絵を描くのが大好きだったのに、成長するにつれて人に褒めてもらいたい気持ちの方が勝り、人の絵と比べて自信をなくし、絵の授業で先生にダメ出しされてもっと自信をなくし。それを今の今までずっと引きずっていたのだなあと。
その事に気付かされ、それを手放す大切さを教えて頂けて長い呪縛から解き放たれた感じです。
私自身を解放するためにも絵を描く事は欠かせないということもわかりました。
本当に有意義な時間をありがとうございました。
これからも日程が合う限り参加させて頂けたらと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いします。


HTさん
小さい時からお絵描きは好きでしたが、美術のデッサンの授業で思うように描けなかった事で、やはり絵というのは元々才能があるか、無ければ努力でカバーするしかないのだろうなと考えていました。
受講する前は、初心者なので不安もありましたが、指導は最低限で(なのに上手くなるから不思議です)自由に描かせてくれて、上手・下手のジャッジをしないので、気持ちよく絵を描く事が出来ました。
上手く見せようとすると逆に下手になる事や、基礎といえばデッサンからと考えがちですが、嫌なら無理してやらなくてもいい事など、目からウロコの情報を沢山聞く事が出来て有意義な3時間でした。
今後も継続して受講してみたいと思いました。