ヴィレッジピープルをモチーフにキャラクター化

こんにちは。木村タカヒロです。
キャラクター第4講は、70年代にディスコ調ミュージックで活躍したグループ・ヴィレッジピープルのキャラクター化です。
題材が毎度のことながら僕の趣味で恐縮ですが、メンバーがとても個性的なのでキャラ化しやすいと思い、チョイスしました。


いつものように、絵のモチーフと対峙して創造性を働かせるのが狙いなので、結果としてヴィレッジピープルに見えなくてもOKです。

たとえば壮大な物語の出発点が、些細な言葉や偶然の出会いであったりするように、講義の制作テーマがきっかけで創造性がビューンと飛躍してくれたら嬉しいです。
では見ていきましょう。今回は大量です。

 

Maithing-geel作品
m4

m3 m2 m1

「いや〜ん」シバリ、ですね!「マッチョマン」というヴィレッジピープルのパワフルな曲がありますが、このキャラたちが歌ったらどうなるか、見てみたいです。

Nori-Bee作品
nori1

nori2 nori3 nori4

目が優しい。。線も優しい。。鞭で打たれても、銃で撃たれても、矢を刺されても、痛くなさそう。kindpeople、ですね。

ゼキコ作品
z2

z3 z1 z5 z6 z4

「お〜ゼキキャラになってる!」と皆で見て盛り上がりました。作画スタイルは完全に確立されましたね。講義の課題をこなしていくなかで突如現れた表現法を、ゼキコさんは次々と自分の武器にしています。
キャラの配置も良いですね。描画にとどまらず、紙の四角いスペースの中でキャラをどう見せるか、という部分にも意識が及んでます。

MARU作品
maru

連続ポスターにしたら面白そうだと思い、つなげてみました。
MARUさんはテンションで描く人です。テンションで描く人がハイテンションの状態で描くと、このように元気な絵が出来上がります。
眺めていると、なんだかこちらまで元気が出てきますね。きっと、MARUさんの制作時の高揚感が作品を通して伝わってくるからでしょう。ということは、MARUさんがテンションアゲアゲで描けば、みんなも元気になるというワケですね。
制作時の作者の心持ちは、怖いくらい絵にあらわれるものです。

Wさん作品
w01

w02 w1

子供向けのイラストレーションで活躍されているWさん。スイスイとキャラクタライズし、シチュエーションを創りあげたのはサスガです。
Wさんがこれまでの創作活動で蓄積してきた武器を、これまでとは違うアプローチで使ったらどんな作品が生まれるのか、とても興味があります(たとえば大人向けのアニメーション作品とか)。楽しみですね。

Sクン作品
s4

s1 s2 s3

キャラによって表現を変える、という実験精神満載のSクンならではの作品ですね。Sクンはいつも苦しそうに絵を描いていて、完成後も「う〜ん、ダメだ」と納得いかない様子なのですが、これは、何か新しい発見、発明ができないものかと、常に実験を試みているからなんですね。自己模倣で出来てしまうことはやらず、面倒で苦しそうなことに挑んでいるのでしょう。本人は大変だと思いますが、これは創造者の資質であり、個性だと思うので、この調子で制作を続けていってほしいです。

Mちゃん作品
m

むさくるしいオジサンばかりのモチーフで戸惑っているようでしたが、一枚の紙に全員をおさめる「薄め作戦」により濃度軽減に成功しました。アニメーションのタイトルショットにも見えます。動いたら面白そうですね。

 

以上、ヴィレッジピープルの巻でした。


快画ワークショップ開催予定

■大阪クラス 12月8日(金)19:00〜21:30
http://flyingdragon.me/oosaka20171208




ABOUTこの記事をかいた人

1965年生まれ。セツ・モードセミナー卒業。1990年より創作活動を開始。 人間の顔をメインモチーフに、様々な表現法を駆使して作品を量産。2003年、バーチャルタレント集団 「キムスネイク」を生み出し、個性的なキャラクターのアニメーションを、テレビ番組やCM、WEB等で発表。
主な仕事:「ベストハウス123」「マツコの知らない世界」「GLAY」「VAMPS」など。
主な受賞:第7回イラストレーション誌「ザ・チョイス」大賞受賞、アヌシー国際アニメーションフェスティバル(2010)など多数。
絵の講師歴25年。
神戸芸術工科大学非常勤講師