もりちの仕事力

ちょうど1年前(2017年6月24日)に、創作教室のメンバー・もりちさんのサイトを紹介する記事を書きました(こちら
あれからずっと、来る日も来る日も、もりちさんは書き、描き、創り続け、こんなに凄いサイトに育てあげました。



もりちさんと私の合言葉は「自分劇場」。
この世界にいるのは自分ただひとり。人が見ていようが見ていまいが、やりきる。
誰の指図も受けず、誰の指示も仰がず、誰の評価も受けない。

「もりちさんは今、どんな気持ちで創作を続けているのだろう?」
「どうして続けられるのだろう?」
興味津々の私は、月に一度のオンラインセッションでもりちさんに質問します。

もりちさんは笑いながら「相変わらずの毎日ですね。続けるって決めちゃったから、やってるだけですよ」と事も無げに言う。

「あ、でもね」と続けて、
「一年前の文章を読み返すと、とても恥ずかしいんですよ。ということは、私の文章力はおそろしく上達したんだと思います」

さらに続けて、
「絵のほうもね、こんなに変わったんですよ」といって見せてくれました。
「描けるようになるもんですね。不思議ですね」と。

ブラック

ブラック(2017年)


ブラック(2018年)

リプトン

リプトン(2017年)


リプトン(2018年)

ダリ

ダリ(2017年)


ダリ(2018年)

そういえば、当初「絵が描けない人」だったタイトルは、いつからか「きっかけ作家」に変わっていました。

私は常々、仕事力とは、何か大それたことを成すとか、大きな対価を得るとか、そういうことだけを言うのではなく、徹頭徹尾、目の前の「事に仕える」力であると思っているので、もりちさんの仕事力には敬服するばかりです。

アイデアのつくりかた、コンテンツの構成力、時間の使い方、そして圧倒的な実行力。
もりち流「書く、描く、創る」方法は、どうやって生まれ、培われたのか。
興味は尽きません。
もりちさんの今後の展開に注目です。

2018ワークショップ日程
【快画塾】東京クラス
3時間コース(残席5)
10月23日(火)
13:30〜16:30
お申込
【快画塾】神戸クラス
3時間コース(残席6)
11月1日(木)
13:00〜16:00
お申込
【快画塾】東京クラス
6時間フルコース
11月3日(土)
10:00〜16:30
満席
【快画塾】大阪クラス
6時間フルコース
11月8日(木)
13:30〜19:30
お申込
【快画塾】名古屋クラス
3時間コース
11月15日(木)
13:30〜16:30
お申込
【快画塾】東京クラス
6時間フルコース
11月18日(日)
10:00〜16:30
お申込
【快画塾】湘南クラス
3時間コース
11月20日(火)
13:00〜16:00
お申込
【快画塾】京都クラス
6時間フルコース
11月22日(木)
13:00〜19:00
お申込




ABOUTこの記事をかいた人

1965年生まれ。セツ・モードセミナー卒業。1990年より創作活動を開始。 人間の顔をメインモチーフに、様々な表現法を駆使して作品を量産。2003年、バーチャルタレント集団 「キムスネイク」を生み出し、個性的なキャラクターのアニメーションを、テレビ番組やCM、WEB等で発表。 主な仕事:「ベストハウス123」「マツコの知らない世界」「GLAY」「VAMPS」など。 主な受賞:第7回イラストレーション誌「ザ・チョイス」大賞受賞、アヌシー国際アニメーションフェスティバル(2010)など多数。 絵の講師歴25年。 神戸芸術工科大学非常勤講師