創作教室受講生の紹介 Featured artist あんびるはるか


レギュラークラスあんびるはるかさんのコンテンツ「かいじゅう日記」を紹介します。

絵ってナンダ?
作品ってナンダ?
個性ってナンダ?

ペンで紙にウネウネと線を描いて組み合わせれば絵になる。
そこに言葉を添えて発表すれば作品になる。
それをみた誰かが「おもしろい」といえば個性になる。

創作行為を何か特別なものとして決意を新たに挑むと、すぐに空回りしたり、頓挫してしまう。
日々脳内にうごめく感情や眼に映るものを、いつもの言葉といつもの絵で記す。
自分にとって当たり前なことが、他者を刺激する。

かいじゅうたちに囲まれ、かいじゅうたちに怯え、かいじゅうたちを愛おしみながら、自分の言葉と絵で淡々と綴る日常は、あんびるはるかの絵であり作品であり個性である。

あんびるはるかの「かいじゅう日記」は、いつか「かいじゅう図鑑」となって世に出ることでしょう。楽しみです。

あんびるはるかのかいじゅう日記

保存

保存

保存





http://flyingdragon.me/tokyo/

ABOUTこの記事をかいた人

1965年生まれ。セツ・モードセミナー卒業。1990年より創作活動を開始。 人間の顔をメインモチーフに、様々な表現法を駆使して作品を量産。2003年、バーチャルタレント集団 「キムスネイク」を生み出し、個性的なキャラクターのアニメーションを、テレビ番組やCM、WEB等で発表。 主な仕事:「ベストハウス123」「マツコの知らない世界」「GLAY」「VAMPS」など。 主な受賞:第7回イラストレーション誌「ザ・チョイス」大賞受賞、アヌシー国際アニメーションフェスティバル(2010)など多数。 絵の講師歴25年。 神戸芸術工科大学非常勤講師