新しい講座『絵と瞑想』開催のお知らせ

こんにちは。木村タカヒロです。
新しい講座『絵と瞑想』開催のお知らせです。

TM瞑想の認定講師・かとうよしこさんをお招きして、
私、木村タカヒロとペアで、絵を描くことと瞑想の共通点について解説します。

心の性質とは?
ゾーンとは?
フロー体験とは?
などなど。

また、初心者の方でもできる簡単な瞑想法や、快画でおなじみの自動描きワークなどの
実践メニューもご用意しています。楽しい講座になると思いますので、ぜひご参加ください。

渋谷クラス 2月29日(土)14:00〜17:00
名古屋クラス 3月15日(日)13:30〜16:30
参加費:10000円→5000円(初回記念割引)

詳細はこちら。

【絵と瞑想】ワークショップ・東京(2/29)名古屋(3/15)開催

20代の頃に絵を描いていて突如訪れた至福意識。
気がつくとそれまで描いたことのない傑作と呼べるような作品が完成していました。

「自動的に描けてしまった」
「誰かに描かされたようだ」

あの時の体験は何だったのだろう?
あの状態を再現すれば傑作を量産できるはず。そんなことを考えていたときに瞑想を知り、もしやヒントが隠されているかも、という気持ちで瞑想を習いました。

瞑想を実践するうちに、あの時に絵で体験したことがわかってきました。
そして、瞑想のコツは、絵を描く(傑作を生み出す)コツとよく似ているということもわかりました。

「期待しない」
「無邪気にやる」
「想念を受け流す」

以来、私にとって、絵を描くこと=瞑想となっていたこともあり、久しく瞑想から遠ざかったいましたが、一昨年の夏にたまたま快画塾に参加されたかとうよしこさんの感想カードに「瞑想の講師をやっています。快画は瞑想と似ていると思いました」と書いてあり、瞑想のことを思い出しました。

もともと快画は「絵を描くプロセスに瞑想の要素を取り入れたもの」という意識もあったので、至福意識へと潜っていく方法を、絵と瞑想の両サイドからアプローチしてみてはどうだろうということで、今回の講座が生まれました。

「答えは自分の中にある」

情報が溢れるこの時代に、自分の内側へと潜っていき、自分の声に耳を傾けることで、新しい発見があるのではないかと思います。

ご参加お待ちしております!




ABOUTこの記事をかいた人

1965年生まれ。セツ・モードセミナー卒業。1990年より創作活動を開始。 人間の顔をメインモチーフに、様々な表現法を駆使して作品を量産。2003年、バーチャルタレント集団 「キムスネイク」を生み出し、個性的なキャラクターのアニメーションを、テレビ番組やCM、WEB等で発表。 主な仕事:「ベストハウス123」「マツコの知らない世界」「GLAY」「VAMPS」など。 主な受賞:第7回イラストレーション誌「ザ・チョイス」大賞受賞、アヌシー国際アニメーションフェスティバル(2010)など多数。 絵の講師歴25年。 神戸芸術工科大学非常勤講師