オンラインクラスDRiLLの2月のプロジェクトは不思議の国のアリス

オンラインクラス受講生募集中です(詳細はこちら
2月の課題は「不思議の国のアリス」です。

オンラインコースには二つのコース(DRill&NeedLe)があります。
・毎月の課題(プロジェクト)制作と作品講評を中心とした通常コース・DRill(ドリル)
・個人のレベルに応じて指導するマンツーマンコース・NeedLe(ニードル)

毎月20日に翌月のプロジェクトが決定し、受講生にお伝えします。
翌月末に課題提出。その10日後に講評動画を配信という流れです。

DRiLL2月のプロジェクト内容

2月のプロジェクトのテーマは、『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland)です。

作品内容としては、物語のワンシーンを背景込みで描いてもよいですし、お気に入りのキャラクターを一人、または何人か組み合わせて一枚の絵にするのもOKです。
なかなかイメージがわいてこない場合は、前回のヘンテコいきものでやったように、まずは無意識状態でヘンテコ素材を描き、それを組み合わせてキャラクターにしたり、配色指定でやったように、色数を限定しするなど工夫してみてください。
手法はドローイング、ペインティング。切り絵、コラージュなど自由です。

作品点数:何点でもOK
提出:2017年2月28日
提出形態:jpeg、GIF等
作品講評:2017年3月10日(専用ページに動画とテキストをアップします)
次回(3月)プロジェクト発表:2017年2月20日(メールでお知らせします)

奇想天外なアリスの物語は創造性を掻き立てるには格好の素材だと思います。
アリスをきっかけにスパークしてください!楽しみにしています。

参考映像

言わずと知れたディズニー版アリス

実写版アリス。当時最先端のクロマキー合成を使用。

実写と人形劇の組み合わせ。

チェコの鬼才・ヤンシュワンクマイエルのアリス

舞台版アリス

おまけ・木村版アリス


collage

ABOUTこの記事をかいた人

1965年生まれ。セツ・モードセミナー卒業。1990年より創作活動を開始。 人間の顔をメインモチーフに、様々な表現法を駆使して作品を量産。2003年、バーチャルタレント集団 「キムスネイク」を生み出し、個性的なキャラクターのアニメーションを、テレビ番組やCM、WEB等で発表。 主な仕事:「ベストハウス123」「マツコの知らない世界」「GLAY」「VAMPS」など。 主な受賞:第7回イラストレーション誌「ザ・チョイス」大賞受賞、アヌシー国際アニメーションフェスティバル(2010)など多数。 絵の講師歴25年。 神戸芸術工科大学非常勤講師