Featured artist 小倉有絵

木村創作教室レギュラークラスのメンバー・小倉有絵さん。
有絵さんは、2年前に教室に通いはじめたころから、すでに現在の作品スタイルを確立していました。
そのうえで、快画のドローイングやコラージュなど、様々な課題に取り組んできました。

独自の作品スタイルが定まってくると、往々にして「このテーマは自分と違う、やっても意味がない」などと考えてしまいがちですが、有絵さんは、真摯にテーマと向き合い、そして柔軟に創作を楽しんでいます。
その創作姿勢は、結果的に独自スタイルにも良い影響をもたらしているようです。

こだわりを捨てることによって、こだわりの世界が強固になるという循環。たぶん「底力がつく」とはこういうことなんだと思います。有絵さんはこの2年間で確実に底力をつけました。
これからさらに独自の世界を驀進していくことでしょう。楽しみです!

arie_banner

ギャラリーページ


collage

ABOUTこの記事をかいた人

1965年生まれ。セツ・モードセミナー卒業。1990年より創作活動を開始。 人間の顔をメインモチーフに、様々な表現法を駆使して作品を量産。2003年、バーチャルタレント集団 「キムスネイク」を生み出し、個性的なキャラクターのアニメーションを、テレビ番組やCM、WEB等で発表。 主な仕事:「ベストハウス123」「マツコの知らない世界」「GLAY」「VAMPS」など。 主な受賞:第7回イラストレーション誌「ザ・チョイス」大賞受賞、アヌシー国際アニメーションフェスティバル(2010)など多数。 絵の講師歴25年。 神戸芸術工科大学非常勤講師