創作教室の6月のプロジェクト「抽象画と具象画」 具象編

「抽象と具象」具象編では、前回(抽象編)で描いたイメージ画をカラーコピーして、それらを素材に具象画を制作します。創造行為はイメージの拡散と収縮の繰り返しです。感覚でもって抽象度をドバーッと拡大し、つぎに、理性(言葉)でもってキューッと絞り込み具体化します。抽象と具象のバランス、ときにアンバランスさが作品の見どころです。

12

ゼキコ

13

ゼキコ

01

キョロ

24

キョロ

02

まりぽり

咲野花

咲野花

sayaka2

咲野花

05

寝音

25

ALI

06

加藤リサ

07

スーパーカー

08

スーパーカー

16

あんびるはるか

09

あんびるはるか

19

シュリエッタ

10

まりぽり

11

成田汐織

14

加藤リサ

15

asaka

03

sayaka

17

ALI

18

ゼキコ

21

寝音

20

にっしー

22

tigereye

23

tigereye





ABOUTこの記事をかいた人

1965年生まれ。セツ・モードセミナー卒業。1990年より創作活動を開始。 人間の顔をメインモチーフに、様々な表現法を駆使して作品を量産。2003年、バーチャルタレント集団 「キムスネイク」を生み出し、個性的なキャラクターのアニメーションを、テレビ番組やCM、WEB等で発表。 主な仕事:「ベストハウス123」「マツコの知らない世界」「GLAY」「VAMPS」など。 主な受賞:第7回イラストレーション誌「ザ・チョイス」大賞受賞、アヌシー国際アニメーションフェスティバル(2010)など多数。 絵の講師歴25年。 神戸芸術工科大学非常勤講師