木村創作教室2016年カリキュラムについて

受講生のみなさまへ
 
いつも教室に通ってくださり、ありがとうございます。
2016年のレギュラークラス授業内容についてまとめましたので、以下ご確認ください。
 
これまでの授業では、個別テーマでの制作をベースにしながら、合間に全員で行う快画術(デッサン)を取り入れてきましたが、
来年からは、2時間授業のうち、前半の30分で快画、講義、講評等を行い、
残りの1時間半で同一テーマ(マンスリープロジェクト)の制作を中心に授業を展開していきたいと考えています。
また、すでにオリジナルのスタイルを確立し、作品の点数が増えてきた人に対しては、引き続き、対外的な展開をしていくための戦略を考えています。
 
2016年カリキュラム
 
■マンスリープロジェクト(ルーティン)
毎月全員が同じテーマで作品制作に取り組む。
4回(月によっては5回)を1クールとし、授業内(合計8〜10時間)で完成できる内容にする。
狙い:確実に成果物を残す。
   締切りを設定することで達成率を上げる。
   新たな表現の発見。
 
■パーソナルプロジェクト(任意)
個別テーマの作品制作。
自宅制作を基本とし、途中経過や成果物を教室で講評。
 
■ワークショップ、特別講座(無料参加)
快画、コラージュの単発ワークショップ。
FLASHアニメーションの集中講座。
 
マンスリープロジェクトのテーマについては、今後みなさんからのリクエストも反映させていきたいので、アイデアがあればお知らせください。
早速ですが、1月のテーマを決めました。
 
Monthly Project 1月のテーマ:RED
 
「赤」をテーマに自由に発想してください。
日程:1月6、13、20、27(水曜クラス)
   1月10、17、24、31(日曜クラス)
サイズ:B3イラストボード(こちらで用意します)
画材:自由(教室にあるアクリル絵具または各自持参)
表現方法:自由(ドローイング、絵具、コラージュなど)
 
例えば、
普段描いてるモチーフを赤だけで描いてみるとか、
赤っぽい写真素材を集めててコラージュにするとか、
赤から連想するもの(例:太陽、トマト、火など)を組み合わせる、など。
 
参考画像
木村タカヒロ「Red Room」
RedRoom
 

以下ネットで見つけた画像
1-london-map-art-red-michael-tompsett

DSC_9801 stock-vector--valentines-day-folk-art-red-heart-polish-pattern-wzory-lowickie-wycinanki-233100373 abstract-red-face balinese-glass-tile-art--red-mark-sellers de

 

すでに個別テーマでの制作を開始している方は、しばらくそちらの作業を優先して進めてもよいですし、
個別テーマを自宅作業に切り替えて、マンスリーに参加されても良いかと思います。
また、事前に連絡をいただければ、30分前に教室を開けることもできますので、並行して制作したい方はご利用ください。

 

ご意見がありましたら、どしどしお寄せください!